ECサイト運営補助金

ここ最近のコロナウイルス感染症蔓延により人々の暮らしは大きく変わってきました。

テレワーク等の在宅勤務やネットショップの拡大といったように人々はネットなしではこの困難を乗り切れない状況にもなってきています。

しかし、このようなテレワークやネットショッピングサイトで必要とするシステム開発は簡単ではありません。

さらに言えば、安くもありません。

景気が落ち込んでいるこの状況でそのようなシステムを組む余裕もなくなってきてしまっています。

そんな時に使えるのが補助金です。

補助金の種類は多種多様で、使用用途も異なりますが、今回はECサイトのセッティングで申請できる補助金についてご紹介します。

・そもそも補助金の使用用途に制限があるってどうゆうこと?

補助金は国や地方自治体等から様々な種類のものがあります。

基本的には中小企業向けの場合が多く、企業や店舗の運営にかかるほとんどの物を対象としているものから

メーカー等の開発費関連の為の補助金、今回ご紹介するようなインターネットサイト等の運用資金の為の補助金等があります。

ですので、これからECサイトを設立するために補助金を申請するのであれば、運用資金トータルでカバーできる補助金もしくはECサイトの運用資金の為に設けられている補助金を選択する必要があります。

・経費全般に使用できる補助金「小規模事業者持続型補助金」

この補助金は経費全般で使用できる形になります。

つまり、飲食店であれば箸やスプーンといったカトラリー類からテーブル等の家具、その他広告費としてのチラシやホームページ作成でも使用することができます。

このようにこの小規模事業者持続型補助金の対象はかなり広い為、広告の為のホームページ作成からネットショップを開設するための費用さらにはテレワークの為のシステム構築等にも使うことができるので、大変便利です。

ECサイトは規模や内容によっても金額は異なるので、その他の経費に回して使用することもできます。

小規模事業者持続型補助金の「小規模」とは業種や営業形態によって異なるのでご注意ください。

また、補助金適用は適用全経費の2/3まで最大50万円までとなっています。

・ECサイト作成に特化した補助金は「IT導入補助金」

IT導入補助金とはテレワークの為のシステム構築や、ホームページ作成等に使用することができる補助金です。

通常ではIT導入補助金A型とB型があります。

A型は150万円未満で補助率は1/2
B型は150万円~450万円以内で補助率は1/2までとなります。

そして今コロナウイルスに影響により特別枠のC類というのもでてきています。

C類型-1は30万円~150万円
     150万円~450万円
でそれぞれ補助率は2/3

C類型-2は30万円~300万円
     300万円~450万円
でそれぞれ補助率は3/4

となっています。

これは今回のコロナウイルス騒動の影響でできた特別枠になります。

どの業種でも目的があっていれば補助金を受け取ることができます。

・ECサイト設立時はかしこく補助金を利用しよう

ECサイトを設立する際には補助金を利用してお得に設立してみてはいかがでしょうか。

実際にECサイト立ち上げの際に必要な金額はかなり高価なものです。

したがって目的・予算に応じてきてみても良いでしょう。

その他にも都道府県や市町村区からでているホームページ作成補助金もあるので様々な補助金を検討し、ECサイトの作成を行ってみてください。

・ 



デザインのことなら岐阜のデザイン事務所・株式会社GRASPERS(グラスパーズ)へお任せ下さい。見積もり無料!打ち合わせもどこでもお伺い致します。ロゴ制作・名刺制作・チラシ制作・ホームページ制作・WEBデザイン・動画制作等をご依頼頂けます。お問い合わせはお気軽に電話またはメール、ホームページ内のコンタクトより受け付けております。



株式会社GRASPERS(グラスパーズ)
〒501-0223
岐阜県瑞穂市穂積1627番地1
TEL:058-260-3636
URL:https://graspers-web.com/
E-mail:info@graspers-web.com