自分で補助金を申請する場合のメリットデメリット

これから起業しようとしているかた、起業したばかりの方、それぞれの多くがこれから補助金を申請しようとしているのではないでしょうか。

補助金を受け取ることができれば軌道に乗った時にスムーズな経営もできますし、広告や設備投資もスムーズに行え、将来への不安が少しでも解消するのではないでしょう。

しかし、その申請は誰が行う予定ですか?

自分?もしくは依頼?

依頼する場合は社労士にお願いすることになります。

今回は、補助金申請を自分でやるのか、依頼するのか、それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

・補助金申請に必要な物がわかれば自ずとメリット・デメリットが浮かぶ

補助金に必要なものは、多くの事務書類です。

経理や会計に関する物がキングファイル1冊分以上にも及びます。

さらには、記載する内容についても専門的な知識が必要となるので、初めての方は非常に多くの時間を費やすことになるでしょう。

・自分で補助金申請準備をするメリット

依頼分の金額が発生しない

自分でやるの勉強になる、内容を理解できる

・自分で補助金申請するデメリット

準備の時間が多すぎて本業に時間を費やせない

間違った解釈で不備が発生する場合もある

不備があると審査が通らない

思っていたよりも作業が多すぎて締め切りに間に合わない


・自分で補助金申請をした場合のメリットデメリットを踏まえると

実際に補助金申請を自分でやる場合はお金以外のメリットはあまりない印象です。

お金をケチって締め切りに間に合わない、審査が通らない

さらには本業準備は進まない、となったら本末転倒です。

・社労士に依頼する場合のメリットデメリット

社労士に依頼する場合のメリットデメリットは自分でやった場合の逆になります。

金額は少々発生しますがプロに任せた方が確実です。

実際に社会保険労務士とは難関な国家資格であり、そのような方がやる作業ですので、任せたほうが安心です。

実際にそのお金をけちったことにより、補助金申請に失敗し、結果的に会社をたたむことになった人もいます。

自分でやること、依頼することをしっかり見極めて判断すると良いでしょう。

 

・ 



デザインのことなら岐阜のデザイン事務所・株式会社GRASPERS(グラスパーズ)へお任せ下さい。見積もり無料!打ち合わせもどこでもお伺い致します。ロゴ制作・名刺制作・チラシ制作・ホームページ制作・WEBデザイン・動画制作等をご依頼頂けます。お問い合わせはお気軽に電話またはメール、ホームページ内のコンタクトより受け付けております。



株式会社GRASPERS(グラスパーズ)
〒501-0223
岐阜県瑞穂市穂積1627番地1
TEL:058-260-3636
URL:https://graspers-web.com/
E-mail:info@graspers-web.com