ネーミングが重要!売れる商品名をつくるためのポイント

商品を開発し売り出す前のネーミング決め、新商品であれば管理迷うことになるでしょう。

ネーミングによって大ヒット商品になる可能性もありますし、在庫として残ってしまうこともあります。

実は、ネーミングは、かっこいいから、かわいいからよく売れるということではありません

商品の名前の付け方にはある一定の決まりがあります。

この決まりを守らなければ売れるものも売れなくなることもあります。

逆に、思った以上に売れる可能性も秘めています。

今回はネーミングにまつわる決まり事について紹介します。

・ネーミングの決まりは商品のコンセプトが重要

商品の名前を決めるにはまず、商品開発におけるコンセプトを思い起こしてください。

その際に連想される単語が最も重要となります。

コンセプトを連想させる言葉は1つや2つではなく、かなり多くの単語を思い起こしてみてください。

その単語の組み合わせで商品名を決めます。

コンセプトと連想される単語で作った商品名であれば自然とその商品をイメージしやすくなり、消費者にも受けが良くなります。

・単語を並べるだけでなく、いろいろもじってみる

チョイスした単語を2個、3個並べるだけではなく、少々もじってみり、頭文字等で略語を作ってみたりすることも有効です。

その場合は、変にもじりすぎることなく、シンプルに考えてみてください。

また、ギャグのようなネーミングもあまり受けはよくありません。

ただし、ギャグのような商品であれば、そのようなネーミングでも有効です。

例えば駄菓子類の例でいえば

『ブタメン』では、豚骨味のラーメンをイメージすることができます。すぐに商品をイメージできますね。

対して『たらたらしてんじゃねーよ』は一見よくわからない商品名ですが、ロングセラー商品です。

・名付けたネーミングに商品イメージがあうかどうか考えてみる

ネーミングについては商品とのイメージにギャップがないかを再検討してみてください。

その作業は非常に重要で、単語の洗い出しで、どんどん意味が変わってきてしまうことがあります。

名前が選考してしまって、商品イメージが置いて行かれてしまうということも良くあります。

ネーミングイメージと商品イメージがうまくマッチしているかを確認することが大事となります。

・まとめ

商品のコンセプトと、ネーミングが上手く紐づいているかというのは非常に重要となります。

また、期間限定商品等では季節感をだすようなネーミングも吉です。

ネーミングについては簡単には決めることができません。

吟味して検討してみて下さい。

 

・ 



デザインのことなら岐阜のデザイン事務所・株式会社GRASPERS(グラスパーズ)へお任せ下さい。見積もり無料!打ち合わせもどこでもお伺い致します。ロゴ制作・名刺制作・チラシ制作・ホームページ制作・WEBデザイン・動画制作等をご依頼頂けます。お問い合わせはお気軽に電話またはメール、ホームページ内のコンタクトより受け付けております。



株式会社GRASPERS(グラスパーズ)
〒501-0223
岐阜県瑞穂市穂積1627番地1
TEL:058-260-3636
URL:https://graspers-web.com/
E-mail:info@graspers-web.com