フリーランスになったら屋号は必要なの?

ご自身で新規事業を起こし、フリーランスや個人事業主として活動されている方は屋号はつけておられますでしょうか。

屋号は、会社名とはことなり、個人で働いている方がつける名前です。

例えば、このブログのようなブログを主な収入源としてフリーランスで活動している場合は屋号は必要でしょうか?

店舗や飲食店を経営している場合はどうでしょうか。

今回は個人で事業をされている方に屋号についてご紹介します。

起業したばかりで屋号についてよくわからないという方は是非最後までご覧ください。


・屋号は必ずしも必要ではない?屋号をつける場合とは?

屋号は、株式会社もしくは有限会社以外の店舗名や事務所名等でつける場合がほとんどです。

例えば、○○ショップといったように、店舗の場合はわかり易いですね。

しかし、個人で店や事務所を構えない場合はどうでしょう。

その場合、個人の名前でフリーランスとして働くことも可能となるので、屋号は必ずしも必要ではありません。

しかし、△△設計事務所等、一目でどのような事業をしているかわかるとクライアントからもわかりやすいですね。

また、個人で、名前を変えてフリーランスとして活動されている場合は屋号ではなく、雅号を用いる場合があります。


・屋号は必要ない?しかし必要な場合や便利な場合も

先ほど紹介した通り、屋号をつけることにより、どのような業種の仕事をしているかということがわかりやすくなるので、大変便利です。

これにより、仕事がしやすくなるという利点もあります。いわゆる『キャッチコピー』のようなものですね。

ですので、それらを目的として屋号を付けている人もいます。

また、客先からの要望の場合もあります。

取引をする上で、振り込みを行う過程において屋号を設定していないと、『個人名』で振り込むことになるわけです。

それを、屋号を設定していればその名前で振り込みを行うことができる為、客先としては仕事がやりやすくなることがあります。

また印象の問題ともなってきますが、個人名よりも屋号の方が見栄えや印象は良くなります。
法人化(株式会社や有限会社)としていなくても名前があるということは個人名より屋号の方が良い印象を与えやすくなります。


・屋号まとめ

屋号は必ずしもつける必要はありません。

しかし、屋号をつけることによるメリットは思っているよりも多いです。

しかし、せっかくつけるのであれば何をやっている業種なのかぱっと見でわかる方が良いですね。

凝り過ぎたりすると、印章がマイナスに働いてしまうことも有るので注意しましょう。

屋号がなかなか決められない場合は名づけのプロに任せてみるのもよいでしょう。

株式会社GRASPERSでも、屋号や、キャッチコピーをつけることができます。屋号に迷った際は是非一度、ご相談ください。

・ 



デザインのことなら岐阜のデザイン事務所・株式会社GRASPERS(グラスパーズ)へお任せ下さい。見積もり無料!打ち合わせもどこでもお伺い致します。ロゴ制作・名刺制作・チラシ制作・ホームページ制作・WEBデザイン・動画制作等をご依頼頂けます。お問い合わせはお気軽に電話またはメール、ホームページ内のコンタクトより受け付けております。



株式会社GRASPERS(グラスパーズ)
〒501-0223
岐阜県瑞穂市穂積1627番地1
TEL:058-260-3636
URL:https://graspers-web.com/
E-mail:info@graspers-web.com