ホームページとブログとSNSの違いを理解して集客に繋げましょう。

一昔前はネットでの情報発信の方法はホームページしかありませんでしたが、今ではブログやSNSなど様々なツールが出回るようになりました。

本記事をご覧の方々にも自社のことをもっと多くの人に知ってもらおうと企業ホームページやブログ、SNSを始めたという方もいらっしゃると思います。

今回は、ホームページ、ブログ、SNSを始めてみたもののどのように運用すればいいのか分からない方に向けて、それぞれの違いや長所から運用時のポイントを紹介していきます。

 

ホームページの特徴、おすすめコンテンツ

ホームページは情報の拡散が起こりにくいことやリアルタイム感に欠けること、訪問時に検索してもらう必要があるなどの欠点を抱えながらも、SEO(検索エンジン最適化)対策をしやすいことや発信した情報が長持ちすることなどのメリットがあります。

また、きちんとしたホームページがあるというだけで顧客を安心させ、信用に結びつきやすいことも利点です。

そして、ホームページを検索してわざわざ訪問するユーザーは、自社の製品やサービスを既に必要としている人です。

以上を踏まえて、ホームページに作ると良いコンテンツは変更する頻度が低く、集客に直結する情報、すなわち会社の概要、サービスや製品の案内などの基本情報やお問合せ窓口などです。

 

ブログの特徴、おすすめコンテンツ

リアルタイムでユーザーに情報が入るサービスや、記事にコメント機能やトラックバック機能があり、少し双方向性も加わっていることなどから、ホームページに比べて多くのユーザーの目に留まりやすいです。

検索エンジンなどから記事を探した場合も、作成したページごとにインデックスされる為、数年前の記事が読まれることも珍しくありません。

ただし、記事に日付が入ることから、ホームページに比べると情報が長持ちせず、SNSと比較すると情報の拡散も少し難しい傾向があります。

ブログで狙うと良いユーザーは商品に興味があり、そのうち買いたいと思っている人です。

以上の特徴から、ブログにはイベントの告知や活動報告、お役立ち情報などのコンテンツを作ることをおすすめします。

ブログは検索エンジンとの親和性も高いので、検索して訪れるユーザーを意識した作りにしましょう。

 

SNSの特徴、おすすめコンテンツ

SNSはリアルタイム性に長け、人々に興味を持たれる内容を発信できれば広く拡散されていきます。

その反面、今日発信した情報が明日には見られなくなるほど流れが速く、検索エンジンからSNSでの情報を探すことも困難です。

これはSNSでは発言ごとに固定リンクを持たないことが多いため、検索エンジンにインデックスされないからです。

利点と欠点がはっきりしているSNSですが、ビジネスで利用する際は一度ホームページやブログに訪問してくれたユーザーをリピーターにする狙いで使うと良いでしょう。

SNSの活用方法としては、ホームページやブログの更新情報、ニュースや話題の話、他人の投稿をシェアするなどその日限りの情報を発信していくと良いです。

 

優先したいのはどれか

ホームページ、ブログ、SNS全て基本情報を作成した上で一番手間をかけておきたいのがブログです。

SNSは更新頻度を高く保つために一番手間をかけるべきと思われがちですが、ホームページやブログの土台がなくてはビジネスにおいて機能しません。

ホームページとブログを比べると、ブログの方が商品に関連した情報などから広く検索され易い為、まずブログのアクセス数を伸ばすことが延いては成約に繋がるのです。

ホームページ、ブログ、SNSの3つを上手に活用して成約に繋げましょう!

 

 

・ 



デザインのことなら岐阜のデザイン事務所・株式会社GRASPERS(グラスパーズ)へお任せ下さい。見積もり無料!打ち合わせもどこでもお伺い致します。ロゴ制作・名刺制作・チラシ制作・ホームページ制作・WEBデザイン・動画制作等をご依頼頂けます。お問い合わせはお気軽に電話またはメール、ホームページ内のコンタクトより受け付けております。



株式会社GRASPERS(グラスパーズ)
〒501-0223
岐阜県瑞穂市穂積1627番地1
TEL:058-260-3636
URL:https://graspers-web.com/
E-mail:info@graspers-web.com