シンプルなホームページのデザインが流行している理由は?

最近は凝ったデザインよりもシンプルなデザインのホームページが増えてきています。

トップページが見栄えのする画像一枚と一行の文章のみなど、

思わず「おっ!」と目を惹くようなデザインのホームページもあります。そういったシンプルなデザインのことを「ミニマルデザイン」のホームページと呼びます。

 

ところで、この記事では「ミニマルデザインって何?」の解説と、ミニマルデザインが増えてきた理由、ミニマルデザインを採るメリット・デメリットをお伝えします。

 

・なぜシンプルなデザインが増えてきているのか?

いまや何を調べるにしても、まずはスマホを使って検索できてしまう便利なモバイル・ファーストな時代です。

そのような時代にあって、スマホに対応していないホームページを制作するのは、もはや時代遅れの感が漂います。シンプルなホームページのデザインが増えてきた背景には、スマホの指数関数的な普及速度が関係しているのです。

また、時代を先取りするAppleのような世界的企業が洗練されたデザインのホームページを採用していることもあって、デザインの潮流の変化が顕著になってきています。

世が思わずため息をつくほどかっこいいモデルが好んできているブランド物の服がファンの間で爆発的に流行るように、優れたデザインのものに関しては一度ブームに火がつけば、普及するのはあっという間なのです。

 

・シンプルなデザイン設計の「ミニマルデザイン」とは?

それでは、「ミニマルデザイン」とは、一体どういったホームページのデザインのことを指し示すのでしょうか?

この「ミニマルデザイン」とは、大づかみで説明すると、「一切の無駄を省ききって、必要最小限の機能だけを盛り込んだシンプルな設計」のことを指します。

優れたデザインのものは、陳腐さ漂う中で一際明るく光り輝きます。実際に、この記事も「ミニマルデザイン」を意識して、限りなく修飾をそぎ落としています。

 

・ミニマルデザインのメリット

明確なメッセージは伝えやすい

本当に伝えたいことの一本に絞るからこそ、ホームページをご覧になる方々に対する訴求性が、極限まで高まります。ごちゃごちゃと飾り立てた文面のラブレターよりも、スタイリッシュにデザインされた便箋に「好きです、付き合ってください。」のほうが、ズドンと心に響くのと同じ理屈です。

 

設計がしやすい

そういったシンプルさは、ホームページのデザインの見栄えに繋がるのみではありません。ホームページの構築に使うソースコードが簡潔になり、設計と構築の容易さにつながり、また、動作性の向上とメンテナンスのしやすさなどのような副次的なメリットももたらされます。

 

 

・ミニマルデザインのデメリット

ミニマルデザインのデメリットは、「シンプルすぎるがゆえに枝葉となる情報が伝わらない部分が出る恐れがある」ということです。

また、SEO対策との関連で、ホームページの構築に使うソースコードが簡潔ゆえに、検索エンジンのSEO対策の面で不利になるケースもあります。

したがって、SEO対策を講じつつ、ミニマルデザインのホームページをデザインするにはある程度の専門知識が必要とされます。

 

・まとめ

ミニマルデザインは、ホームページをご覧になる方への訴求性の強化とホームページの構築の省力化に資するウェブデザインの方式です。ホームページのリニューアルの際などに、一度自社のホームページを見直してみると良いかもしれませんね。

 

 

・ 



デザインのことなら岐阜のデザイン事務所・株式会社GRASPERS(グラスパーズ)へお任せ下さい。見積もり無料!打ち合わせもどこでもお伺い致します。ロゴ制作・名刺制作・チラシ制作・ホームページ制作・WEBデザイン・動画制作等をご依頼頂けます。お問い合わせはお気軽に電話またはメール、ホームページ内のコンタクトより受け付けております。



株式会社GRASPERS(グラスパーズ)
〒501-0223
岐阜県瑞穂市穂積1627番地1
TEL:058-260-3636
URL:https://graspers-web.com/
E-mail:info@graspers-web.com